ku1

FacebookFacebook
図10png
図1
\ 子どもたちの写真をた〜くさん更新!園の様子がわかるよ♪ /




図10png
保育理念
私たち大人は皆、乳幼児と呼ばれる時期を経験してきました。今、こうして一社会人として生きる力が身についているのも、その乳幼児期に培った感性の基礎があるからです。「根っこ」を育てるとは、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の五感を発達させ、感性を豊かにすることです。子どもたちは五感から受け取った情報を、快・不快や安心・不安などと感じながら感性を育んいきます。では何から学ぶのか?それは『遊び』です。当園では、乳幼児期の遊びをとても大切にしています。感性の豊かな発達に遊びは欠かせません。遊びを通して、喜び・悲しみ・我慢・思いやりなどの感情が生まれ、子どもたちの心の発達は確実に成長していきます。そのためには自らが体を動かして人や自然と関わっていくこと、それが生きる力の土台となるのです。我々はこの保育理念のもと、一人一人の発達に合わせ、子どもたちに寄り添っていきたいと考えております。
保育目標
子どもの発達には個人差があり、それもまた素敵な個性です。いろんな個性を持った仲間と共に遊びに熱中し、たくさん食べて、ぐっすり眠る、当たり前の子どもらしい生活を送れる環境をつくります。

保育目標
スクリーンショット 2016-07-01 1.18.33
保育園では0歳から、英語レッスンを取り入れて参ります。
ネイティブ講師と一緒に、遊びを取り入れながら楽しく学んで行きましょう!

 
スクリーンショット 2016-07-01 9.32.42

 
喋れなくても耳ではしっかり聞いているこの時期。
幼児期の発育に合わせた「歌」や 「手遊び」などリズム遊びを通して英語に親しんでいきます!

 
スクリーンショット 2016-07-01 9.34.32

 
特に言葉の基礎を最も吸収しやすい時期。
身近なものをテーマにアルファベットを知り、声に出してみたりと英語の楽しさを体験!

 
スクリーンショット 2016-07-01 9.32.57

 
「なぜ?」「どうして?」の質問が増え、自分で確かめてみようとするこの時期。
単語を覚えて使ってみたり、講師との簡単な英会話を楽しめます。

 
英語画像
スクリーンショット 2016-07-01 9.35.49
スクリーンショット 2016-07-01 9.35.59

一見、保育士が教材を使って教えるイメージがありますが、ただ教えるのでは なく、
お子様自身が「これはなあに?」と興味を持ったり、「楽しい!」と感じ ることが大切です。
はじめは身近なおもちゃから、手にとってみて遊んでみる。
小さな手にも必ず、感じるものがあるでしょう。
くくる保育園では教材だけに 偏らず、自然や遊びを通して学んで参ります。

 
スクリーンショット 2016-07-01 9.36.09

子どもは大人が「こうして欲しい」と思ったことでも、想像を超えた表現をしたりします。
それを否定せずに、受け入れる。これも保育者の大切な役目です。
スクリーンショット 2016-07-01 9.36.15

どんな子どもにも”個性”があり、長所・短所はあって当たり前。
決して順位を つけたり比較をせずに、温かく見守っていてください。
スクリーンショット 2016-07-01 9.36.20

何よりも、楽しむことが一番。自然に身につくことも増えてきます。
できること が増えたら、一緒に喜んであげるのも、子どもの成長に繋がります。
スクリーンショット 2016-07-01 9.36.26

   
スクリーンショット 2016-07-01 9.37.05
スクリーンショット 2016-07-01 9.37.11
都心部ではなかなか体験できない農業。
季節に合わせた様々な野菜を、まずはプランターから育てていきます。
「土ってこんなにふかふかなんだ!」「早く大きくなあれ」と、 子どもたちのワクワクする気持ち、
そして植物を育てていく中で 「命」に対する感性を育みます。
01



  スクリーンショット 2019-05-04 18.02.59
スクリーンショット 2019-05-04 18.30.42 「音楽を基礎とするものではあるが、単に音楽学習の準備であるにとどまらず、
むしろそれ以上に一般教養の一体系である」(エミール・ジャック=ダルクローズ)

音楽と触れ合いながら、これから成長していく中で受ける様々な刺激を充分に吸収し、
子どもたちが持っている一人ひとりの潜在的な基礎能力の発達を促す教育です。

お友だちや職員と楽しく音楽に触れながら、年齢別カリキュラムによってレッスンを行っています。
0歳児は2ヶ月から一緒に参加し、耳からたくさんの音の刺激を受けていますよ♪

図1



スクリーンショット 2019-05-04 18.02.23 スクリーンショット 2019-05-04 19.17.32 図2 スクリーンショット 2019-05-04 19.17.37
子どもの性格や人としての土台が作られるのは0〜3歳頃の乳幼児期、特に赤ちゃんの時期と言われています。
安心、安全、愛着という生活のベースがととのった環境の中、日常生活を積み重ねることが
人として大切なものを身につけながら成長していきます。

オムツ交換1つにしても、目と目を合わせて触れ合う、大切な時間。
小規模保育園だからこそ、一人ひとりと丁寧に関わり合えることは
赤ちゃんの成長にとって大きなポイントに。

絵本の読み聞かせや日常の言葉かけから、子どもの脳には刺激がいっぱいです!

図3






遊びを大切に感性豊かなお子様の成長を支援します

品川区荏原にある当保育園では、五感の発達と豊かな感性を育み、社会の一員として生きる力を身につけることを保育理念に掲げています。そのために自由な発想を育て、遊びの時間を通してお友達との交流やお散歩など楽しい時間を過ごしながら、個性を伸ばす環境を整えております。
くくる保育園では「よく遊び、よく食べ、よく眠る」健やかなお子様の成長をサポートはもちろん、ネイティブ講師による英語レッスンや知育、リトミック、脳育や野菜栽培を通じた食農教育など様々な体験を通じて感性や個性を磨いて参ります。
また保護者様のニーズに応じて、月極保育と必要な時にご利用いただける一時預かり保育を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Copyright(c) All くくる保育園 All rights reserved.

PAGE TOP